幻想水滸伝2(PS)の感想、レビュー

PS1

総勢108人のキャラが仲間になるRPG、幻想水滸伝2の感想。

面白い所など

オーソドックスなコマンド選択式の2DのRPGなんだけど、ドット絵のキャラがよく動く。

総勢6名と多めの戦闘ながら演出のテンポがよく、特定のキャラ同士の協力攻撃もけっこう種類があって見ていて飽きないし組み合わせは試したくなる。

味方のレベルが上がりやすいのも特徴で、どうしても強さの差はあるけれど、ぽんぽんレベルが上がっていくのは気持ちいい。なのであまり強そうじゃないけど気に入ったキャラとか気軽に色々育ててみたりした。

エンカウントもほどほどで、意識してレベル上げせずともスムーズに進めるバランスがとてもよく、戦闘でストレスをほとんど感じなかったのがこの作品のすごい所。

一番の今作の特徴が仲間集め。

最初は主人公達だけでさみしいんだけど、本拠地(名づけられる)という拠点に108人もの仲間が集っていく。キャラも個性的で魅力ある人がたくさんなので、石板に宿星と名前が記録される仲間集めがとても楽しかった。攻略本で成長の度合い見るのも楽しみの一つだった。

仲間は戦闘に参加するキャラだけでなく、色んな形でサポートしてくれる。そのため施設が目に見えて充実してくるのが集める楽しさを後押し。ミニゲームができたり、お風呂が何気に印象的。

国同士の休戦協定が破られる戦乱の中、はじまりの紋章を分かち合い、親友のジョウイと違う道を歩む物語は見どころ。目指すものは同じだったはずなのにどうしてこうなってしまったのだろう・・と、描写がていねいで引きこまれる。

最後の再会は感動を呼ぶ。ちなみにエンディングにも種類があり、ベストじゃないエンディングも好きだったりする。ベストで終わりたい場合は108星集めて条件を満たすと・・。

重要な人物である狂皇子ルカ・ブライトはどこまでも邪悪な存在で、しかも決戦ではとても強い敵として立ちはだかる。いくつかのパーティ総がかりで挑むんだけど、こちらに人数がいても大苦戦したのが昨日のことのように思い出せる。

シミュレーションのような戦争パートもあり、部隊が負けなければいいんだけど負けたらキャラによっては戦死する可能性もあるので油断はできない。

前作から成長して引き続き登場するキャラもよかった。個人的には青雷のフリックが好きで、入れられる限りずっとパーティに入ってた。縁のあるビクトールと星辰剣(しゃべる剣)もいいキャラしてた。ちょっと隠れた要素として前作の主人公も仲間にすることができたのはかなり熱かった。データをコンバートする必要があるが、名前にも反映される。協力攻撃のダブルリーダー攻撃もかなり使いやすい。

音楽は民族的な曲が多く耳に残る。きれいな曲なんだけどせつない気持ちにさせてくれる 回想 が今もお気に入り。

気になる所

ルカ・ブライトが強すぎてあきらめそうになってしまったこと位。仲間を多めに強くして準備をおこたらなればなんとかなるようにはなってる。ラスボス以上の脅威かも。

まとめ

RPGとしてノンストレスで、味わい深い物語を堪能しながら個性的な仲間たちを集め、お気に入りのキャラを成長させるのが楽しい作品。

コメント

タイトルとURLをコピーしました