2019-10

PS4

イース9 モンストルム・ノクス(PS4) の感想、レビュー

良質なアクションRPG体験ができた8のハードルを越え、新機軸の異能アクションとバルドゥークという箱庭の探索が楽しめた『イース9』の感想。 物語 数多の冒険をくぐりぬけてきた赤毛の冒険家アドル・クリスティンと相棒のドギがたどり着...
プレイ日記

イース9(PS4) プレイ日記⑧ 最終決戦~クリアまで。

最終章。赤の王の真実。実際どうであっても、アドルはやっぱりアドル。その言葉がしっくりくる。 クエストも重要というか印象深いものが多かった。特にマリウスの。 まったく予想できなかった。いつか邂逅を果たしてほしいと楽しみに...
プレイ日記

イース9(PS4) プレイ日記⑦ 8を思い起こす転じて壮大になる物語。終わりが見えてさびしくなってきた。

8章は話が加速するように動き出す。 赤の王に起こった異変。 いつものアドルへの印象が垣間見えるドギのこの口ぶりには思わずあはは・・とちょっと笑ってしまった。 クエストでは彼のやつがとても面白かった。 ...
プレイ日記

イース9(PS4) プレイ日記⑥ 怪人たちの競演と反撃のアドル。

メンバーが揃ってクエストなどに取り組めるので、気持ちにぎやかになったような。正体を知っているのもあってより結束した感じで迎える7章。 わけあって初対面からずっと変わった仮面をつけていて、バルドゥークで回った全ての店へお使いしてくれる...
プレイ日記

イース9(PS4) プレイ日記⑤ 背教者の真実と影に潜むアドル。

まずドギが活躍する話があったのがうれしかった。 パーティーには参加せずとも壁壊しのドギというアドルの相棒の存在感を感じられた一幕。 6章は、猛牛以上にあまり表立って出てこなかった 背教者 について語られる。 他の...
プレイ日記

イース9(PS4) プレイ日記④ 猛牛の思い。活路はサードアイとヴァルキリーハンマーで見出す。

5章は 猛牛 について分かってくる。 グリムワルドの夜以外の怪人の活動に積極的でなかった彼女。 彼女は家族のため、いろいろ頑張っていたんだなあという背景が見えてくる。弟や妹がまたほほえましい感じ。そして本格的に仲間に。...
DS

単なるテキストアドベンチャーじゃない。ゴーストトリック(DS)の感想、レビュー

死んだ直後までの記憶がない主人公 シセルが、幽霊となって時間を少しだけさかのぼったり、物にとりつくことができるようになる。 自分は何者なのか、なぜ死んだのか、その謎に迫るアドベンチャーゲーム。なんだけど、これがたった一日のできごとだ...
プレイ日記

イース9(PS4) プレイ日記③ 人形のゆくえ。見えないものが見えると・・・

四章は、怪人の中でも人っぽいけど人とはちがう 人形 にスポットがあたる。 怪人の名を語り骨董屋から盗まれた聖女像を追って、赤の王たちは街の外に冒険の場所を広げる。 ついにクロアカ・マキシマにせまる曲がきた。いよいよ監獄の外へで...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました