初音ミク Project DIVA MEGA39’s(switch)の感想、レビュー

switch

歌声を作成できるボーカロイド 初音ミクを彩った数々の名曲を音楽ゲームとして楽しめるプロジェクトディーヴァの最新作、メガミックスがswitchで登場。その感想。自分は音ゲーはそこまで得意ではないけど、いつの間にか数作追っているシリーズになってた。

豊富な楽曲

100曲近くありほぼすべて最初からプレイ可能。自分はしばらく楽しめそうだなあと感じた。シリーズから少し離れてたのでこんなにできるとはという気持ち。

今まで2、エクステンド、F2、プロジェクトmiraiでらっくすとプレイしてきたが、過去のシリーズから選りすぐりの曲が選ばれている他、新しい曲も。アーケードはほとんどやったことないけどその雰囲気も感じられるような。

知らない曲との出会い

これがなにより楽しいかもしれない。

ボカロPの手掛けた数々の曲は多種多様で、どれかは自分の生活にフィットする所があると思う。それが日々を乗り切る支えになったりする。これはいわゆるふつうの音楽と変わらないかも。

時には勇気づけられたり元気をわけてもらったり。それを音ゲーという形でさながら歌うように楽しむことができる所に不思議な気持ちよさがある。

今作でお気に入りになったのはエイリアンエイリアン。思いのほか中毒性が高く歌詞、曲、ダンス、要所の演出すべてのとりこに。浸食されたかもしれない。この曲をプレイできただけでも今作をやってよかった。

あとは昔からえれくとりっく・えんじぇぅはいつもやっちゃうし、ルカルカナイトフィーバーはすぐノれるし、天樂もカッコよくて好き。難しいけど。

二つのモード

従来のボタンで対応するアーケードモードと、ジョイコンを縦持ちし、傾けて位置を合わせRを押すミックスモードがある。イージーだとゲージの範囲が広いので調整が少し楽。ミックスにはボタンを押したままでもスコアが獲得できるサポートもある。

幅広い難易度

難易度はイージーからあり、曲を最後まで完奏(クリア)するだけなら難しくないのもうれしい。設定からミスした時もボーカルが消えないようにしたり、同時押しのサポートが出たり、初心者に向けた設定もしっかり。

玄人向けに高い難易度もあり、激しい譜面を捌く快感も堪能できる。

あと、どの難易度でもパーフェクトはとても達成感がある。

豊富なモジュール(衣装)とカスタマイズ

モジュールはランダム解放とかじゃなく、曲をプレイするごとに溜まっていくポイントを消費して好きなものから順番にアンロックしていく形になっている。髪型だけのカスタマイズもできたりするので好みを反映させやすい。好きな組み合わせでPV観賞したりするともう耳と目が幸せに

曲をプレイする時どのモジュールが曲に合ってるのか分からないよ という場合もZL+ZRでおすすめのモジュールを選んでくれるのも地味に助かる所。

かわいいモデリング

シンプルな感想だけど初音ミクがかわいい

モデリングがややアニメよりになったのもいい方向に働いていて、キレッキレのダンスと共に曲によっては演技も見せてくれたり、魅力にあふれている。

ボタン設定

自分の場合、PSハードでやり慣れていたせいか、押すボタンのX(エックス)がふってくるとついうっかりBボタンを押してしまうクセがあったので、ボタンに慣れるしんどさを考えると設定でABXYを〇×□△にできるのはとってもありがたかった。

気になる所

PS4でフューチャートーンが出ているが、そちらとくらべるとどうしても曲数は控えめという見方も。グラフィックがぼやけ気味に感じる所もあるかも。

とはいえプレイ中はあまり気にならないし、自分はフューチャートーンまでは手がまわらなかったので今作があってちょうどよかった印象。現行ハードで携帯できプレイしやすい点は大きな魅力ではないかと思う。

すごく個人的には、プロジェクトディーヴァではなく3DSで展開したmiraiの方なんだけど、DLCでもいいから SING & SMILE が入ってほしいなあと願っていたりする。これなら有料でも買うのになあと思ったり。この曲には気落ちしている時ほんと元気をもらったので。

プレイできる楽曲、モジュールが追加されるDLCである 追加楽曲パック4th にて SING & SMILE が収録される。これはうれしい!

まとめ

正直言うとここまで現実世界を乗り切るのを応援してくれる曲に会えるとは思ってなかった。そこにやればやるだけ応えてくれる音ゲーという形でプレイヤーの自分も携わることができる。色んなコンポーザーの伝えたい思いを形にする初音ミクってやっぱりすごい!そんな気持ちにもなれた。

初心者から達人まで幅広く応えてくれる質の高い音ゲーを、携帯可能なswitchで気軽に楽しめるのがうれしい作品。

コメント

タイトルとURLをコピーしました