SFC

フロントミッション(SFC・PS)の感想、レビュー

ファイナルファンタジーなどRPG作品の多かったスクウェアから95年に発売された重厚なロボットもののシミュレーションゲーム、『フロントミッション』の感想。 面白い所、特徴など 人型機動兵器ヴァンツァーを駆る元軍人の主人公ロイドが...
switch

幻影異聞録♯FE アンコール(switch)の感想、レビュー

ファイアーエムブレムの要素とペルソナや女神転生でおなじみアトラス作品の要素がコラボレーションしたRPGがswitchでプレイ可能になった、『幻影異聞録#FE アンコール』の感想。 2015年にWiiUで発売された時から気になっていた...
PS4

地球防衛軍5(PS4)の感想、レビュー

母船をともなって進行してくるエイリアンから地球を守るため、地球防衛軍EDFとして戦いに身を投じていくTPS(自分の姿は見える)、『地球防衛軍5』の感想。 知り合いと一緒になにかできるやつないかな と探していたところなんだか惹かれる...
プレイ日記

エスカ&ロジーのアトリエDX(switch)プレイ日記

ロジー編をプレイ。初アトリエだったのを思い出すような心地でアトリエの世界に入りこみやすいと改めて感じる。 調合が佳境に入ったので、その後・・というかここまでやったぞー っていうのをなんとなく残したくなったので日記にした。 エス...
SFC

天地創造(SFC)の感想、レビュー

開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまい、自分以外の時が止まってしまった村人たちを救うためアークは試練にのぞむことになるが、それは失われた世界をよみがえらせる旅になっていく。 見下ろし型の2DアクションRPG、『天地創造』の感想。...
switch

エスカ&ロジーのアトリエDX(switch)の感想、レビュー

ゆるやかに荒廃に向かう黄昏の世界で、誰も到達したことのない未踏遺跡を目指す2人のお役所錬金術師と仲間たちの物語。自分の初アトリエ作品だった『エスカ&ロジーのアトリエ』がDXとしてswitchでもプレイ可能に。その感想。 sw...
PS1

幻想水滸伝2(PS)の感想、レビュー

総勢108人のキャラが仲間になるRPG、『幻想水滸伝2』の感想。 面白い所など オーソドックスなコマンド選択式の2DのRPGなんだけど、ドット絵のキャラがよく動く。 総勢6名と多めの戦闘ながら演出のテンポがよく、特定のキ...
PS3

アヌビス ゾーンオブエンダース HDエディション(PS3)の感想、レビュー

かつてPS2で発売されたハイスピードロボットアクションがPS3に最適化されより美しくなった作品、『アヌビス Z.O.E HD』の感想。 面白い所など 前作もあるが、物語は単体で起承転結ができているので、今作から触っても問題ない...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました